ジュエリーを作り伝える私たちは、
常に「美しさとは何か」を
感じ取る心を試されている気がしてなりません。

価値観の多様化した、正解のない時代。
ジュエリーが教えてくれる、
ものを超えた美しい”在り方”には
しなやかに生きるためのヒントが散りばめられています。

伝統と時代、自由と形式、自然と手仕事。
それぞれに流動的で、アンビバレンスな視点をはらむ物事に、
きらと光る一筋の軸を捕えたい。
そんな熱望を傍に、
時代のスタンダードとなるものづくりのかたちを探し続けます。

——————————————–

Craftmanship

 

ジュエリーという小さなプロダクトは、
原型、鋳造、石の研磨、彫り、その他様々な工藝を用い、
たくさんの職人の手をつないで生まれます。
一つひとつの工程に熟練を要するため、
分業制が基本の産業です。
そのため、時代の変化とともに廃れる工房が多いことも事実です。

利便性や効率の求められる今日において、
また、安価な海外製作の波が押し寄せる中、
日本で、手で作ることの意味とは何か
今一度振り返る必要性を感じています。

私たちは、生業を極める職人の姿勢をリスペクトし
鍛錬の厚みをプロダクトを通して伝えていくことで、
作り手から伝え手、手にする方まで、
誇りや喜びとなるプロセスを探求し続けていきます。

そして日本の職人文化の技だけでなく、
ものづくりに張り詰めた美しい感性までもが
受け継がれていくことを願っています。

PAGE TOP